がん免疫細胞療法って知っていますか

がん免疫細胞療法

皆さんは、癌について、どのように思っていますか。
・ 癌にかかったら、放射線治療や、外科手術などしか、治療できないのかな。
・ 治療しても、また再発しないかな。
・ 放射線治療だと、髪の毛が抜けたり、体調が悪くなったりする副作用がある。
また、検査についても、
・ 内視鏡検査って、痛いから、できることなら、したくないな。
そのような、がん治療や、内視鏡検査などに不安がある方には、新日本橋石井クリニックは、どうでしょうか。

こちらのクリニックでは、ANK免疫細胞療法という、免疫細胞療法で、がん治療を行っています。
この、ANK免疫細胞療法とは、
1 患者さんの血液中から、リンパ球を採取
2 採取したリンパ球を培養して、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を増殖、活性化する。
3 培養したリンパ球を、点滴で患者さんの体内に戻す。
4 体内に戻された、活性化したNK細胞が、癌細胞を攻撃し、破壊する。
という流れで、がん治療をします。
なかには、
「NK細胞って、正常な細胞や組織まで攻撃しないの。」
と思う方もいるでしょう。
しかし、NK細胞は、元から、人体の中に存在していた、細胞なので、体にかかる負担が多い、放射線治療や、外科手術などより、負担が少ないです。

また、早期に、治療を始めれば、癌の進行が遅くなったりします。
そのためには、内視鏡検査などの、人間ドックを受けた方がいいでしょう。
新日本橋石井クリニックでは、無痛内視鏡検査を行っているので、内視鏡は痛いからと、抵抗がある方でも、安心して検査を受けられます。
一度、検査を受けてみてもいかがですか。

投稿日: